FLAMENCO SHOW

フラメンコショー

ARTIST PROFILE

MARÍA MORENO

マリア・モレーノ グループ 2017.8/28~2017.11/10 出演


      

MEMBERS

マリア・モレーノ

MARÍA MORENO BIOGRAFÍA

マリア・モレーノ(Baile/踊り)

1986年カディス生まれ。

弱冠8歳にしてカディス・ダンス・プロフェッショナル音楽学校に入学し、フラメンコ界の巨匠であるハビエル・ラトーレ、ピラール・オガジャ、アントニオ・カナーレス、エバ・ジェルバブエナらの指導の下、英才教育を受ける。
カディス出身のピラール・イ・ファン・オガジャらアーティストとともに『ロコス・デル・ティエンポ(時の狂気)』(於:レチェーラ中央ホール/カディス)に出演し、異例の若さでステージデビューを飾った後、ロス・フエベス・フラメンコス(カディス)、ララチ・フラメンカ(セビリア)、エル・コラル・デル・カルボン(グラナダ)という一大フラメンコフェスの広告イメージキャラクターに抜擢される。

17歳で、エバ・ジェルバブエナ・フラメンコ舞踏団に加入し、『エル・ウソ・デ・ラ・メモリア(思い出のスピンドル)』に出演(於:サルスエラ劇場/マドリード)。同時に、第14回ビエナル・デ・フラメンコ(セビリア)、ヘネラリフェ庭園(グラナダ)で行われたエバ・ジェルバブエナ・フラメンコ舞踊団10周年記念公演に参加。また同ステージで、「ロルカ グラナダ」のプログラム11版、『フェデリコ・セグン・ロルカ(ロルカによるフェデリコ)』を好演。

エバ・ジェルバブエナとともに、エバの象徴的な作品である『エバ』、『シンコ・ムヘーレス・シンコ(5対5の女性たち)』、『エル・ウソ・デ・ラ・メモリア(思い出のスピンドル)』、『ア・カル・イ・カント(しっかりと)』などの国内外ツアーにも加入。

ラファエル・カンパージョとともに『プエンテ・デ・トリアナ(トリアナ橋)』 、『トリアナ、ラ・オトラ・オリージャ(トリアナ、対岸の岸辺)』などのステージに初出演し、イタリア、カナダでのワールドツアーに参戦。ラファエル・エステベス指揮のもと、フラメンコダンサー、アマドール・ロハスのカーロカロのステージ公演に参加、またカルメン・アマジャのオマージュ公演『ラ・ファラオナ』に他演者とともに出演。(於:ベグール/バルセロナ)

カディスで開催された一大コンサートに、デイビット・パロマー、アルカンヘル、ホセ・メルセら優れた歌手とともに招聘アーティストとして出演。(於:ファジャ大劇場)

マヌエル・デ・ファジャ・オーケストラとクラシック音楽演奏家エンリケ・ソリニスによるプエルト・レアル・メイン劇場150周年記念コンサート(カディス)において、招聘アーティストとして熱演。

2016年3月、初の単独作品『アラス・デ・レクエルド(思い出の翼)』を初演し成功を収める(於:カハソル・フエベス・フラメンコ/セビリア)。その後、第9回フラメンコフェスティバル(ルクセンブルク)、スマ・フラメンカ(マドリード)、アルブケルケ国際フラメンコフェスティバル(ニューメキシコ)、第21回へレス・フェスティバルなど数多くの名高いフラメンコフェスティバルに出演し、前述のへレス・フェスティバルにて啓示芸術家賞を授与される。

老舗タブラオである「ロス・ガジョス」(セビリア)、「エル・コルドべス」(バルセロナ)、「カサ・パタス」 、「コーラル・デ・ラ・モレリア」(マドリード)などの看板アーティストとして必要不可欠な踊り手となる。

マリア・モレーノは、バホ・デ・ギア・ファースト・ナショナル賞、アレグリアスダンス・ファースト・ナショナル賞にノミネートされ(於:サンルーカル・デ・バラメーダ/カディス)、第21回コルドバ・ナショナル・コンクール決勝進出、第21回へレス・フラメンコ・フェスティバル啓示芸術家賞受賞を果たす。

●他の出演者は決定次第順次お知らせしていきます。

▲Page Top