オーレ!フラメンコショーに登場する小道具を知ろう!

フラメンコの小道具について

フラメンコに登場する小道具には、様々なものがあります。フラメンコショーをご覧になる際に、小道具にも注目してみませんか?

フラメンコの小道具

フラメンコの小道具

アバニコ

扇子のことを“アバニコ”といいます。美しい絵が描かれたアバニコもありますが、一般的には単色のものを用いることが多いです。サイズも様々で、振付けに合わせて開いたり閉じたりすることで、歌い手やギタリストへの合図にもなるアイテムです。直線的に扱う日本舞踊とは異なり、フラメンコでは手首と指をしなやかに動かして曲線的に扱うのが特徴です。

パリージョ

カスタネットのことを“パリージョ”といいます。日本のカスタネットと同様に2つで1対ですが、それぞれは独立しています。左手でリズムをキープし、右手でリズムのバリエーションをつけて細かいリズムを刻みます。材料は様々で、木製・布製(テラ)・合成樹脂製(フィブラ)などがあります。

バストン

杖のことを“バストン”といいます。床に打ちつけたり、無楽器演奏の際にヴォーカルがリズムをとったり、打楽器として使用します。

マントン

ショールのことを“マントン”といいます。美しい刺繍が施された四角い華麗なマントンや、三角のショールのマンティージャは、フラメンコに欠かせないアイテムです。サイズも大きく重さもあるため高度な技術が必要ですが、より一層舞踊を彩ることができます。

コルドバ帽

フェルトを張った、つばの広い帽子です。どこかクールで遊び心のある歌詞に登場することが多く、踊りに変化をつけたり、面白さを演出したりするために使用します。

手・指・舌で音を出して感情を表現するフラメンコ

手・指・舌で音を出して感情を表現するフラメンコ

フラメンコで感情を表現する際、身につけているもので音を出すこともありますが、身体の一部を用いて音を出すこともあります。

まず、手を用いた「手拍子(パルマス)」があります。手拍子をすることで、歌と踊りのコンパスを刻み、リズムにアクセントをつけます。手拍子はその場の雰囲気を盛り上げたり、気持ちを高めたりする時に活躍します。

指をパチンと鳴らして音を出すのが、「ピトス」です。一般的には踊り用として、リズムに変化を与える場合に用います。 舌でピシッ、パシッという乾いた音を出すのが、「チャスキード」です。わかりやすくいうと、舌打ちです。手拍子などと組み合わせることで、より効果を出すことができます。

新宿でフラメンコショーが楽しめるレストラン

新宿でフラメンコショーが楽しめるタブラオ・フラメンコ・ガルロチは、フラメンコショーの他にも以下のようなサービスをご利用いただけます。

スペイン料理レストラン

本場の食材や調理法だけでなく、日本ならではの旬の食材を取り入れたオリジナルのスペイン料理をご提供いたします。フラメンコと同様に紡がれて来た文化の持つ普遍的な感動と、時代に合わせた進化を大切にしたトラディショナルな「ガルロチ風」スペイン料理をお召し上がりください。

レンタルスペース

都内では貴重な、100~200人ほどの中規模のレンタルスペースがご提供可能です。舞台・音響・照明付きの充実した設備に加え、新宿駅からも徒歩5分の好立地です。映画や舞台の試写会、大学のオリエンテーション、顧客向け営業会場、社内向け営業成果発表会、大規模な忘年会などの飲み会など、多様なニーズに対応いたします。

レンタルスペースとしてのご利用も可能な新宿のタブラオ・フラメンコ・ガルロチでは、本場スペインでも第一線で活躍中のアーティストによるフラメンコショーを開催しております。定期的に出演アーティストが代わりますので、何度足を運んでいただいても変化に富んだ見ごたえのあるショーをご覧いただけます。

新宿でレンタルスペースとフラメンコショーのタブラオ・フラメンコ・ガルロチ

会社名
株式会社 バモス
代表者
村松尚之(ムラマツ ナオユキ)
住所
〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目8−15 THE AKASAKA 3F
TEL
03-6272-5620
FAX
03-6272-5621
URL
http://garlochi.net/
設立
2016年10月
資本金
500万円
事業内容
飲食、タブラオ フラメンコ“ガルロチ”運営
主要取引銀行
三菱UFJ銀行